< >

2005年09月20日

四季報

今日はshareに行ってきたんですが、そこでなんと、、「四季報」が配られました。

四季報は、グループワークで使う為に必要だったので、みんなに配ったのですが、なんとタダ!でした(^^)

しかし、shareは勉強会として、本当にコストパフォーマンスが高いですね〜。参加費は全部で5000円なのですが、shareがつくった教科書も配られています。しかも、この教科書が、また、かなり使えます!要点をしぼって、invest bankingとasset managemantに必要な知識を広く網羅しています。参考文献には、私の敬愛するゼミの広瀬先生の「財務会計」が載っていてちょっと受けましたけど(笑)

でもまじめに、その教科書はかなり練られて作られている力作ですね。とても、参考になります(^^)

shareは協賛企業に前年度よりはかげりがあるとは言え、カナリ協賛としてお金も出してもらっているんでしょうね。そうじゃないと、あの規模であの質は保てないと思います。後輩がいたら、来年の参加を勧めますね。優秀な学生はいるし、企業の講義も興味深く、面白いのが多いです。学生のレベル確認もできるし、意識の高い人にもまれます。ついでに四季報もタダでもらえますし(笑)

今日のshareも住友信託のアナリストの方による講義で非常に興味深かったです。株式とはなんぞや?から始まって、最終的にはファンドマネージャーとしてどの株を買うか?という問題がでました。リスク管理のことを考えたり、市場の流れを考えたり、財務分析したり、、

んで、shareは途中で友達と約束があったので抜けたのですが、家に帰ってからも友達と四季報を片手に株の話しをしたり、どの銘柄をあした買うか考えたり、中期でよい銘柄を探したり、2時間くらい株漬けになっていました(笑)けっこう普通にきもかったです(笑)

でも今日感じたのは自分は結構アナリストorファンドマネージャーは向いているのではないか?ということでした。

住友信託のアナリストの方の話を聞く限りでは、その辺の職業は結果を出せばなんでもいい〜というような世界ですから、正解などは無いんでしょうけど、アナリストの方が言われていた企業の株価のストーリーの組み立て方はどうしようもなくレベルの高いモノでもなかったと思います。まぁ、学生相手なので、もちろん本気は出していないんでしょうけど。でも、今日友達と四季報みてて「やべ〜すげ〜四季報おもしれ〜」というように、少し株オタクな側面があることもしりましたし(笑)案外、ファンドマネージャーとか自分が面白いと思える職種なのかもしれないと思った一日でした。

手始めには、明日あたり溺愛するサイバーコミュニケーションズのレポートでも書いてみましょうか(笑)


posted by おかっぴき・へいはちろー at 00:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 株、証券、トレード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/7105262

この記事へのトラックバック
一日@クリックおながいしますm( )m

就活おっぺけ日記(株)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。