< >

2005年08月18日

村上ファンドォォウオゥォウオゥ

金融庁、村上氏の申請認めず

いやぁ、かなりふざけた記事ですね。証取法では、証券取引所の株式を一般株主が20%以上取得する場合には金融庁の認可が必要である、ということらしいですが、それならば、上場するなといいたい。

村上さんは以前、大証について、剰余金が非効率なほど大証の手許に残っているのでそれを株主に配当せよ(もしくわ効率的に投資しろ)、と主張されていました。その理論は、株式市場の理論であり、大証が株式会社として上場し、存続するのならば、企業価値および株価を上げるためには避けられない提言だと思います。

もちろん大証は手許に莫大な資金を置いておくのは緊急時の時に備えたものであり、必要なものである、とその根拠を主張しています。そもそも、大証のような株式市場の番人の機能を持つ機関は、何か市場危機があった時には緊急的にでも市場を保つためにそのような備えは確かに必要でしょう。

でも、でもね、、、

そういう公共性の重大性を分かっていて、さらに主張するのならば、上場するな、といいたい。株式会社なんて、利潤の最大化を目的とする形態でしょう。公共性などは2の次であるはずです。そして、今回みたいに買収のおそれなどが出てきたときにその公共性をたてにマーケットの意思を尊重しないと言うのならば、公共機関という位置づけにしておけばいいだけのはずです。

一体何のために大証は上場したのでしょうか?村上さんの申請を認めるとか、そういうことを議論する前に、そこの核になる部分について議論すべきでしょう。

ごくごく私的な考えですが、基本的には上場すれば株式所有者が多額のキャピタルゲインを得れる。大証の株主になった人が儲けるためだけに上場した、そう考えられますし、そのように考えられても仕方がないでしょうね。
posted by おかっぴき・へいはちろー at 20:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
一日@クリックおながいしますm( )m

就活おっぺけ日記(株)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。